• 文字を大きくしてご覧になりたい方へ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • English
  • 修習生の方へ
  • 法律事務所職員の方へ
  • 会員サイトへ
  • ホーム
  •  
  • 弁護士に相談する
  •  
  • 法・司法制度を学ぶ
  •  
  • 私たちのメッセージ
  •  
  • 東京弁護士会を知る

体罰

体罰とは、懲戒として、殴る、蹴る、直立不動の姿勢をとらせるなどの肉体的苦痛を懲戒として与えることをいいます。トイレに行かせないといった行為も肉体的苦痛を伴うので、体罰にあたると考えられます。
学校教育法11条は「校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、学生、生徒及び児童に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。」と定めており、体罰は禁止されています。
体罰に当たるかどうかの判断について、文部科学省は、「当該児童生徒の年齢、健康、心身の発達状況、当該行為が行われた場所的及び時間的環境、懲戒の態様等の諸条件を総合的に考え、個々の事案ごとに判断する必要がある」、「有形力(目に見える物理的な力)の行使により行われた懲戒は、その一切が体罰として許されないというものではなく」などとしていますが(18文科初第1019号・平成19年2月5日)、いずれにしても、肉体的苦痛を伴うようなものであれば体罰に当たる点に注意する必要があります。

Q&A 多くの方々から頂く代表的なご質問

中学生女子です。始業のチャイム後担任の先生にいきなり頭を殴られて、もう学校に来なくてよいと言われました。ほかにも殴られた生徒はいて抗議もしたのですが、いまだに生徒を殴っています。

体罰は禁止されていますので、先生が抗議をしても態度を改めない場合には、校長先生に訴えるという方法もあります。それでも改善されない場合には、教育委員会に相談することも考えられます。
体罰が原因となって学校に行けない状況になったときは、問題の教師を担任や教科担当から外すことや、保健室登校を認めるように働きかけをしたり、あるいは、転校を検討するとよいでしょう。
場合により法的手続も検討します。なお、弁護士は、法的手続を取らない場合であっても依頼したり相談したりできます。

ご相談はこちらへ

まずは、お近くのセンターへご相談ください

子どもの人権110番 TEL 03-3503-0110「さぁ、子どもの味方、110番」
 
時間 月~金曜日 13:30~16:30 17:00~20:00、土曜日 13:00~16:00
戻る
▲このページのトップヘ