• 文字を大きくしてご覧になりたい方へ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • English
  • 修習生の方へ
  • 法律事務所職員の方へ
  • 会員サイトへ
  • ホーム
  •  
  • 弁護士に相談する
  •  
  • 法・司法制度を学ぶ
  •  
  • 私たちのメッセージ
  •  
  • 東京弁護士会を知る
子どもの人権と少年法に関する特別委員会(ID:17)

子どもの人権と少年法に関する特別委員会

 
『もがれた翼』動画配信中!
『もがれた翼』についてはこちら

Part22「家族のカタチ」

 「もがれた翼」は、少年事件やいじめ、虐待など子どもの人権をめぐる様々な問題を広く皆さんに知っていただくことを目的として、1994年の子どもの権利条約の批准を機に子どもたちと弁護士でつくってきたお芝居です。
 今年のもがれた翼は「親の離婚と子どもたち」をテーマにお送りいたします。
 様々な理由から、離婚を選択する大人たち。しかし、離婚・再婚をめぐるやりとりの中で、子どもたちはどのような気持ちでいるのでしょうか。
 親の離婚・再婚に伴い、転校、改姓など、子どもにも重大な変化と影響が生じます。
 「お父さんとお母さんは、自分のせいで離婚したんだ」と自分を責める子どもも少なくありません。
 平成25年1月1日に施行の家事事件手続法によって「子どもの手続代理人制度」が発足し、子どもが親の離婚調停などの場で主体的に意見表明をするために、弁護士が代理人として子どもをサポートすることが出来るようになりました。
 これは、親の離婚をめぐる手続の中で、置いてきぼりにされて取り残された子どもたちを助けるための、ようやくの第一歩です。
 子どもたちを、親の離婚・再婚に伴う不安、孤独、寂しさ、自己嫌悪から救うために、出来ることは何か。
皆さんと一緒に考えたいと思います。

日時

2015年8月22日(土)
昼の部:15時30分開演(15時00分開場)
夜の部:18時30分開演(18時00分開場)

場所

赤羽会館講堂(東京都北区赤羽南1-13-1) 
JR赤羽駅(京浜東北線、埼京線、高崎線、宇都宮線) 徒歩5分、地下鉄南北線赤羽岩淵駅 徒歩10分
地図

入場

入場無料、全席自由、各回先着600名、予約は承っておりません。

演出

中原 和樹(もんもちプロジェクト)

脚本

坪井 花梨(社会福祉法人カリヨン子どもセンター)

照明

木村 秀信、有限会社ライトシップ

音響

余田 崇徳、三枝 竜(劇団キンダースペース)

舞台監督

村田 綾香

制作

東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会

出演

子どもたちと東京弁護士会の弁護士

主催・共催・後援・協力

主催 東京弁護士会
共催 北区
後援 北区教育委員会
協力 社会福祉法人カリヨン子どもセンター

お問い合わせ

人権課 TEL03-3581-2205

もがれた翼ご観劇の方対象託児サービスご利用について

『もがれた翼』動画配信中!
『もがれた翼』についてはこちら

子どもの人権と少年法に関する特別委員会メニュー

▲このページのトップヘ