• 文字を大きくしてご覧になりたい方へ
  • アクセス
  • サイトマップ
  • English
  • 修習生の方へ
  • 法律事務所職員の方へ
  • 会員サイトへ
  • ホーム
  •  
  • 弁護士に相談する
  •  
  • 法・司法制度を学ぶ
  •  
  • 私たちのメッセージ
  •  
  • 東京弁護士会を知る
両性の平等に関する委員会(ID:20)

両性の平等に関する委員会

 

知ろう 考えよう 学校現場におけるセクシュアル・マイノリティ~受け止めて、ありのままの子どもたち~

実施報告をLIBRA2015年3月号(PDF:483KB)に掲載しました。

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)などのセクシュアル・マイノリティの割合は、およそ20人から30人にひとりといわれています。つまり、学校のクラスの中でも1人か2人は、セクシュアル・マイノリティの子どもということになりますが、残念ながら、ひとりで苦しんでいた り、周囲の理解が得られずいじめにあっていたりする子どもたちはまだまだ少なくありません。
学校現場において、セクシュアル・マイノリティの子どもたちがどのような支援を必要としているのか、周りの大人たちには何ができるのか、子どもたちの支援 活動や教育関係者への研修活動に長年携っておられる遠藤まめたさんを講師にお招きし、教員や学校関係者、保護者など立場を問わず、みなさまとご一緒に考えていきたいと思います。

日時

2014年12月10日(水) 18:00~20:00
*途中参加,途中退出可

場所

弁護士会館 5階 502会議室
東京メトロ 「霞ヶ関駅」 B1-b出口直結 地図

講師

遠藤まめたさん

koukaigakushukai.jpg

両性の平等に関する委員会メニュー

▲このページのトップヘ