東京弁護士会
子どもの人権と少年法に関する特別委員会

子どもの人権と少年法に関する特別委員会

 

パート2:いじめられっ子だった僕の体験

僕は小学校のときからいじめられっ子だった。先輩が僕をからかってくる。たとえば、「デブ」だとか「ムカツク」だとか、意味もなく難癖をつけてきた。それもしょっちゅう。

あるとき我慢できなくて「止めて下さいよ、うるさいなぁ」って、つい言っちゃったんだ。そしたらその一言が火ィつけちゃって。「テメェ、おぼえていろ。つけあがってるんじゃねぇよ」ってすごまれて。こわかった。それは名前も知らない先輩で、6年生。僕は4年だった。

小学校では本当に気ぃ許して遊べる友だちなんて、ほとんどできなかった。その頃、僕が暗かったからかもしれない。

それで、中学へ入って、自分でも意識的に性格を転換したんですよ、明るくね。ところがワーワー騒いでいたら運悪く例の先輩にバッタリ会っちゃってー。そいつは 「よう来たな」ってニタッと笑ったんだ。その顔を見たとき、僕は背中に氷を当てられたような感じだったよ。あ、僕はここでまたいじめられるかもしれないって、そんな予感がした。

中1のクラスには、僕ともう1人、いじめの対象になっている子がいたんだ。1時期なんか、実際、朝の挨拶がわりに殴られるか蹴られるかって時があった。「オッス」と同時に、こぶしがとんでくるんだ。それも1人からじゃなくて、クラスのほとんど全員から。

夏休みが終わって学校に行ったら、みんなの話題は万引き。「昨日おれ、ウォークマン盗ってきた」「おれは時計2つ」「ビデオも盗ってやりたかったけど、あんなデカイもの、かつげねえしな」という調子。あげくのはてに、11月ごろから盗ってきた物を友だちに売りつけるようになって。

そのころ、たまたま、僕の親父が新聞見てて「最近万引きが多いようだな」って言うんで、「うちのクラスもほとんど万引きしてるよ」ってうっかり言ってしまった。

そしたら保護者会で、親が担任に言ったんだよね、万引きのこと。している子がいるようだけど、注意したほうがいいんじゃないかって。それで担任が調べたら、ゾロゾロとほとんどの奴が万引きしてて、そいつら親子で学校に呼び出されちゃったんだ。先生には怒られるし、家に帰ってから親から説教されたり殴られたり、大変だったらしい。

ところがこれが「山口の親父から密告があった」とパッと広まって、次の日学校に行ったら、「テメエ、嘘つくんじゃねぇよ、オレ万引きなんか1回もしてねェぞ」とぬかす奴がいる。僕はそいつが万引きしているのをちゃんとこの目で見たんだけど、タテついても仕方ないから「オレそんなこと言ってないよ、信じてくれ」とひたすら逃げまくった。

2、3日は殴られるか、問いつめられるかですんでいたけど、1週間くらいからシカトが始まっちゃって。僕が話しかけると、「うるせぇな、オレはチクリ魔と話すようなことは何もねぇよ」みたいに返ってくる。

1日中、誰ともしゃべらない日が続いて。20分休みも昼休みも、ぜんぶ教室の中で過ごしてた。何しろ会話ってものがなくて、たまに声をかけられて振りむくと、こぶしが目の前にあって、次の瞬間、火花がとんでくる。

心の中で、万引きやったほうが悪いんじゃないかって言ってみたけど、現実には学校へ行くのがだんだんきつくなって、とうとう行かなくなっちゃった。暴力的なのと、精神的なのと、毎日だったから。

みんなにいじめられているって、親にも話さなかったから「理由もないのに学校休むな」って、親もカンカン。家にいるのもきつくなったけど、学校に行きゃ、もっと悲惨だし。このころはもう本当に死のうかなと思ってた。

でも自殺もできなくて、結局毎日ふとんにもぐりこんで、テレビ見てるしかなかった。親に理由言わなかったのは、親に言って心配かけるのイヤだったのと、親に言ったことが友だちに知れて、学校に行った時、またもっといじめられると思ったから。心のどこかで、まだ何とか学校に行かなくちゃって思っていたんだね。いじめがこれ以上ひどくなって、全く学校に行かなくなることは、僕の行き場所がなくなるってことだし、学校に行かないと将来どうとかとか、まだそういう考えがまとわりついていたから。

学校へ行かなくなって、けっこう荒れた時があったね。1日中、何もすることなくて、友だちもない。会話は親とだけ。同等の立場でバカなこと言い合える友だちがいなかったから、部屋でダーツを投げまくってた。もう音がダーンと、本当に響くんですよ、投げて的に当たると。だから親も心配して。

結局、親に打ち明け、そんなら1年休んで、来年転校してやり直ししたらってわかってくれた。あのまま学校に通っていたら、何しでかしたか、自分でもわからない。親から「もう学校へ行かなくていい」と言われた時は、正直ほっとした。もう将来の望みなんかなくて、今日明日のことしか考えられなくなっていたから。

どうせ学校に行かないなら、前からやってみたかったことやってやろうと思った。

例えばデパートの中を歩きまわったり。うちの近くだと、Tデパート。10時の開店と同時にデパートに入ると、制服をきた店員が「いらっしゃいませ」と言って、いっせいにおじぎをするんだ。ちょっと照れくさいけどこれは気分いい。まず、おもちゃ売り場をぐるっと回って、展示してあるおもちゃガチャガチャいじくって、で、11時ごろ帰って来るの。バカみたいかもしれないけど、前からやってみたかったんだ。でも実際にやってみると、ホント、10回もやればもうあきちゃう。ほかにもいろいろやってみたけど、結局そういうことって、友だちが学校に行ってるような時間にやれることって、半年もすれば全部やりつくしちゃうんだ。

そのころ、外で友だちに会って「なんで学校来ねぇんだよ」とか、「また風邪引いてんの?」とか言われたりしたけど、殴ったりはされなかったね。もっとも僕も、人に会いそうな時間にはあんまり出ないようにしてたけど。
で、半年ぐらいたって、駅前の模型店に行ったらたまたま、いじめられっ子にかち会っちゃって。「よう山口、おまえどうしたの? 学校やめたって話だけど」って。奴は罪の意識がないから、そんなふうに軽々しく話しかけてくるんだ。ちっきしょう!誰のせいで学校に行けなくなったんだよぉって、ムカついたね。

学校の教師は音沙汰なし、もうそうなると。やっかい払いしたつもりなんじゃないかな。

学校も友だちも、僕っていう存在を忘れ去ったかなぁというころ、僕は模型のサークルを作ろうと思いたった。模型はずっと興味あったから。で、うちの前にポスターを貼り出し、入会案内を書いて差しといた。誰かから連絡のあるのを今日か明日かと待っていた。毎日、案内書はどんどんなくなるのに、入会したいとか、友だちになろうという連絡が1人もこない。おかしいなと思っていたら、いじめっ子のひとりが毎日引っこぬいて持ってったんだね。アタマきたけど、どうせ学校の中でウジウジしている奴のことだと、放っておいたよ。

結局、誰も来なかった。仲間が欲しかったのに・・・。
模型サークルがダメになって、何かやることはないかと、学校に行かなくなってからはあんまり早く起きないから、だいたいは夜型になっていたんだけど、まだ徹夜ってしたことがなかった。そうだ、徹夜してやろうって、ほとんど夜と昼が入れ替わるような生活を始めた。夜中は、プラモデル作りに熱中。嵐の夜なんか、家がガタガタいうし、部屋の照明が少し暗めなもんで、コワくてしょうがない。でもじっと我慢して、ひたすらプラモデル作ってた。

ハラ減ったら台所で何かさがしてラーメン食ったり、パン食ったりして。
友だちがいないって辛い。一緒にバカ騒ぎしたり、ワイワイやれる友だちがいないのは淋しいよ。これはいじめられて、シカトされて、学校に行けなくなっちゃった人間じゃなければわからないだろうけど。

あんまり孤独で苦しいとき、僕をいじめた害虫どもを、片っぱしから殺してやりたいと思ったこともあったね。ホントだよ。でも僕は、そういう気持ちをぐっと押さえこんでいたんだ。

今、僕は、僕と同じように学校に行かなくなった友だちがやってくるグループに入っているんだ。で、毎日通ってる。ここに初めて来た時、おそるおそる来たんだけど、あ、何かいいなって感じがした。一緒にワイワイやれる仲間が、もう先にいたんだね。

友だちっていい。何でも話せる友だちが何人もできて、僕はやっと安心して眠れるようになったんだ。(山口君は仮名です)

◎いじめられているあなたへー弁護士から
仲間からいじめられるってことはとってもみじめ。
何か自分が悪いからいじめられるって思われがち。
いじめられるって、他人に分かってもらうのが大変。
だから、いじめられていても、心にこたえていないように平気な素ぶりをしてしまう。仲間は、まいっていないと思って、もっといじめてくる。そんな悲しみを誰にも言えず、1人で胸の奥 深くたたみこむ。

"学校へ行きたくない"と思う心がおなかが痛い、頭が痛い、と体ごと拒否させる。でも、
「いかなかったら勉強がわからなくなってしまう」「いかなくちゃ」と思う。
だから毎朝、苦しい。

あなたが、あんまり辛(つら)かったら"学校へ行かなくちゃいけない"という鎖(くさり)をちょっとはずして。
学校へ行くのも行かないのもあなたの自由。行かない自由だってある。
学校へ行かなくても学ぶ機会と場所はいくらだってある。学校へ行かなくても、いい友だちをみつけていくことができる。また、そんなあなたの相談にのろうと思っている大人も多勢います(相談できるところ)。

もちろん、勇気をもって、いじめっこに、なぜいじめるんだと抗議したり、親や親しい人に話したり、クラスで問題にしたり、できるならば、全部を話して欲しい。
いじめっ子は、いじめられている子がそんなに傷ついているって判っていないかもしれない。いじめても、手むかってこないから、カラカイ半分で、自分のストレス解消のために気やすくいじめているのかもしれない。
だから、どんなにいじめられるってことが辛いことか、悲しみを全部はき出して話して欲しい。そうすれば、からかったり、手軽なストレス解消としていじめるのをやめようと思うんじゃないだろうか。
がんばって!

『もがれた翼』動画配信中!
『もがれた翼』についてはこちら
子どもの人権と少年法に関する特別委員会メニュー