東京弁護士会
秘密保護法対策本部

秘密保護法対策本部

 

日本弁護士連合会第60回人権擁護大会プレシンポジウム 進む監視と個人の自由~監視で安心・安全!?~

国会の会期末を翌日にひかえた6月15日、参議院は、委員会採決を省略する形で、本会議で賛成多数で共謀罪(テロ等準備罪)法案を成立させました。強引です。あまりにも強引です。まるで国民の意見に聞く耳を持たないといわんばかりです。

いっぺんに277も犯罪が増えました。
捜査には、あらゆる場所に設置された監視カメラ、設置が簡単なGPS、携帯電話の位置情報などが活用されます。だれもが気づかないうちに捜査対象になって、日常生活をずっと監視され続ける危険があります。

このような監視社会の問題と個人の自由の危機について、ムスリムに対する警察の監視について国家賠償請求訴訟を手掛けた弁護士や、この訴訟を詳しく取材し公安警察にも詳しいジャーナリスト、諜報機関の活動に対する憲法的統制を研究する憲法学者を招いて議論します。どうぞご参加ください。

日時

2017年7月24日(月)午後6時~午後8時

場所

弁護士会館2階講堂クレオA

内容

パネルディスカッション
【パネリスト】
岩井 信弁護士(第二東京弁護士会、ムスリム違法捜査弁護団)
青木 理氏(ジャーナリスト)
植松 健一氏(立命館大学教授、憲法学)
【コーディネーター】
清水 勉弁護士(東京弁護士会秘密保護法対策本部委員)

予約・申込み

不要。どなたでも参加いただけます。

参加費

無料

主催

東京弁護士会

共催

日本弁護士連合会、関東弁護士会連合会
第一東京弁護士会、第二東京弁護士会

お問い合わせ先

人権課 TEL:03-3581-2205

秘密保護法対策本部メニュー