東京弁護士会
秘密保護法対策本部

秘密保護法対策本部

 

2015(平成27)年度「法律事務所職員向けマイナンバー制度に関する学習会」

東京弁護士会秘密保護法対策本部は、法律事務所職員向けのマイナンバーに関する学習会を企画いたしました。なお、本研修は、法律事務所職員向けの内容となっておりますが、会員の方も参加可能です。下記要領をよくご確認の上、ご受講ください。

日 時  

2016年2月12日(金)午後1時~午後3時(開場:12時40分~)

場 所  

弁護士会館 2階クレオ講堂BC

講 師

清水勉氏(東京弁護士会秘密保護法対策本部委員/日弁連・情報問題対策委員会委員)

講師からのメッセージ

いま、市区町村に住民登録している日本人・外国人宛てに個人番号の通知が送られています。この番号を2016年1月から年金、雇用保険、医療保険、福祉業務、税の確定申告等などの手続に記載させるためです。

法律事務所では、事務所内の就労者のマイナンバーを扱うほか、事件資料の中にマイナンバーが含まれる形で扱うこともあります。実務面では、法律事務所の事務職員がマイナンバーを扱うことが多くなるでしょうし、弁護士が主体になるとしても、事務職員が部分的に関わることは避けられないでしょう。

そこで、弁護士会に、法律事務所の事務職員のためのマイナンバー制度の研修の場を設けていただきました。奮ってご参加ください。

対 象

法律事務所職員・東京弁護士会会員

定 員

150名(定員になり次第、申込を締め切りとさせて頂きます。)

申込みはこちら(PDF:50KB)

主催等 

主催 東京弁護士会
共催 日本弁護士連合会
担当委員会 東京弁護士会秘密保護法対策本部

問い合わせ先

人権課 TEL:03-3581-2205

秘密保護法対策本部メニュー