東京弁護士会

【令和元年台風災害に遭われた方へ】災害ホットラインサービス開設及び台風15号・19号関連無料電話相談終了のお知らせ

2020年1月31日

2020年2月より、令和元年台風災害に遭われた方を対象に災害ホットラインサービスを開設いたします。

平日午前10時~午後3時に、下記の電話番号にお電話し、「災害ホットライン希望」とお伝えください。
そうしますと、担当者がお名前と電話番号を確認し、後日、弁護士から電話で連絡させていただきますので、心配ごと・お悩みごとをご相談ください。

東京23区  03-3581-1511(霞が関法律相談センター)
多摩地域   042-548-3800(東京三弁護士会多摩支部)

 ホットラインチラシのダウンロードはこちら (300KB)

令和元年台風関連の被害について、災害時ADRや自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン制度が利用できる場合があります。お気軽にご相談ください。

なお、災害ホットラインサービスの開設に伴い、2019年10月から実施しております無料電話相談(03-3581-2233)は2020年1月末日をもちまして終了いたします。今後は災害ホットラインサービスをご利用ください。

被害を受けた方にお伝えしたい情報を「弁護士会ニュース」にまとめました。ぜひご覧ください。
弁護士会ニュースNo.1(2019.10.3)はこちら(台風15号について)

2019taihuunews.png

弁護士会ニュースNo.2(2019.10.28)はこちら

2019taihuunews_2.png

弁護士会ニュースNo.3(2019.12.27)はこちら

2019taihuunews_3.png