アクセス
JP EN

【日弁連主催・東京三会共催】取調べの可視化フォーラム―可視化道半ば 全件全取調べの録画を(9/5)

2022年6月27日

日弁連より、2022年度取調べの可視化フォーラムの開催案内がありました。
詳細は日弁連ウェブサイトや下記チラシをご覧の上、お申込みください。
※日弁連ウェブサイトは公開準備中です。公開され次第リンクを掲載いたします。

チラシ

「クズの周りにはクズが集まるんじゃ」 取調官から聞くに堪えない罵声を浴びせられ、貴重な人生を奪われる。密室取調べだからこそ起こりうることです。
今年は、取調べ録音・録画制度のあり方について、再検討が始まる年。
今なお、多くの事件で残る密室取調べ。全件全取調べの可視化の実現に向けて、これからの司法のあり方を一緒に考えたいと思います。奮ってご参加ください。

日時

2022年9月5日(月) 18時00分~20時00分

会場・開催方法

【会場参加】弁護士会館2階講堂「クレオ」A (東京都千代田区霞が関1-1-3)
会場へのアクセスはこちら
開場は17:45を予定しています。
【オンライン配信】IBM video streaming

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

新型コロナウイルス感染症対策のため、会場参加定員は先着100名とさせていただきます。

内容・講師

■講演「身に覚えのない窃盗の罪で逮捕された私を待っていた、罵声に満ちた取調べ」
・土井佑輔(SUN-DYU)さん(えん罪被害者・ミュージシャン)

■パネルディスカッション「市民のための刑事訴訟法改正を」
・土井佑輔(SUN-DYU)さん(えん罪被害者・ミュージシャン)
・辰巳創史さん(土井さんの元弁護人・大阪弁護士会)
・村木厚子さん(元厚労省局長事件えん罪被害者、元法制審特別部会有識者委員)
(コーディネーター)嶋田葉月さん(弁護士/第ニ東京弁護士会)

申込方法

会場参加(定員100名)・オンライン配信とも事前申込みをこちらからお願いします。
(※会場参加は8月31日(水)まで。定員になり次第、締め切ります。)
オンライン配信の視聴URLと配布資料は当日までにEメールでご案内します。

主催

日本弁護士連合会

共催(予定)

東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 法制部法制第二課
TEL:03-3580-9876 FAX:03-3580-9920

注意事項

【会場参加について】
■開催日より過去14日以内に発熱等の症状があった方の会場参加は、ご遠慮ください。
■会場で参加される方は、マスクの着用、検温、消毒にご協力をお願いいたします。ご協力いただけない場合や、37.5℃を超える発熱がある場合は会場でのご参加をお断りさせていただきますので、ご了承ください。
■日本弁護士連合会では、本イベント内容を記録し、また、成果普及に利用するため、映像撮影および録音を行うことがあります。撮影した映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日弁連のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。

【オンライン配信について】
■本シンポジウムの視聴に当たり、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、インターネット接続のできる機器とインターネットをご利用いただける環境は参加者各自でご用意ください。また、インターネット回線の状況等によっては、映像や音声の切断が生じる可能性がありますので、ご了承ください。
■参加にかかる機器利用およびインターネット接続にかかる通信料は各参加者の自己負担となります。
■視聴に当たっての技術的なご質問には対応いたしかねます。あらかじめご了承ください。

※御提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理し、本イベントの事務のために利用します。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会又は日本弁護士連合会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍の御案内その他当連合会が有益であると判断する情報を御案内させていただくことがあるほか、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。