東京弁護士会
多摩支部

多摩支部

 

東京弁護士会多摩支部への入会を希望される会員の方へ

東京弁護士会の会員で、かつ、事務所が多摩地域(東京23区以外の多摩地域にある市町村)にある方は、東京弁護士会多摩支部へもご入会ができます。入会をご希望の方は、以下のQ&Aをご覧いただき、多摩支部までご連絡ください(TEL:042-548-3800)。

Q1.多摩支部とは?

A1.東京地方裁判所立川支部の管轄区域である多摩地区における法律相談や刑事事件の受け皿、その他公的な職務について、市民や公的機関のニーズに応えるため、1998年4月に、東弁、一弁及び二弁が設立した組織です。三会の組織はそれぞれ独立していますが、東京三弁護士会多摩支部として、各種委員会等の活動を合同で行っています。多摩弁護士会館は、立川市緑町7-1 アーバス立川高松駅前ビル2階にあります(最寄り駅は多摩モノレール「高松駅」)。【ウェブサイト】http://www.tama-b.com/

Q2.現在の多摩支部の会員数は?

A2.2019年4月1日現在で、東弁の多摩支部会員は336名です(一弁64名・二弁165名、三会合計で565名)。

Q3.多摩支部への加入資格は?

A3.東京弁護士会会員で、かつ、東京地方裁判所立川支部の管轄区域である多摩地区(23区以外の市町村)に事務所がある方が加入いただけます。

Q4.多摩支部ではどのような活動を行っているのでしょうか?

A4.支部長・副支部長のもと、約30の各種委員会等が設置されており、本会と同様の活動を行っています。主要行事として、三会合同集会(6月)、三会新年式(1月)、三会定期総会(3月)などを実施しており、支部長・支部長の役員は毎年、選挙により選任されています。この他、新入会会員歓迎会、三庁対抗ソフトボール大会、三士会ゴルフコンペ・同無料法律相談会・同ソフトボール大会・同ハイキング、法曹民事懇談会、法曹三者懇談会、破産管財人協議会、倒産法事務に関する懇談会、家事・少年部との懇談会などを開催しています。また、地裁立川支部及びその管轄簡裁への特別代理人推薦、市町村の各種審議会・協議会等委員の推薦も行っています。2018年度は約70の各種研修会を実施しました。各種活動への参加についての詳細は多摩支部へお問い合わせください(TEL:042-548-3800)。

Q5.多摩支部の会費はあるのでしょうか?

A5.多摩支部会費は1か月2千円です(但し、寄付金扱い)。

Q6.多摩地区の法律相談センターの相談員となることはできるのでしょうか?

A6.多摩地区には、八王子、立川、町田に法律相談センターがあります。多摩支部会員は一定の要件のもと、各センターで各種相談をご担当いただけます。要件の詳細は多摩支部にお問い合わせください(TEL:042-548-3800)。

Q7.本会の法律相談センターでも相談を担当できるのでしょうか?

A7.多摩支部会員は、本会の法律相談センター(霞が関・新宿・錦糸町・池袋・蒲田・島嶼)が所管する一般相談、クレサラ相談、家事相談その他の特別相談(高齢者・障害者相談は除く)の担当者名簿に登録することはできません。

Q8.多摩支部会員は、当番弁護士、国選弁護事件はできるのでしょうか?

A8.多摩支部の当番・国選事件の名簿に登録していただければ可能です。本会の当番・国選事件の名簿登録も同時に可能です。多摩支部への登録の詳細は、多摩支部へお問い合わせください(TEL:042-548-3800)。

Q9.多摩支部の委員会活動等は会務活動として認定されるのでしょうか?

A9.各種委員会への出席のほか、当番・国選弁護事件も公益活動として認定されます(本会での委員会出席等も当然、認定となります)。

Q10.多摩支部会員となることで何か不利益があることはありますか?

A10.本会の委員会活動、合同図書館の利用(多摩支部にも図書室があります)、本会での各種研修の受講など基本的にほぼすべての面で活動・利用が可能であり、本会の会員である限り、Q7以外、特段の制限はありません。

多摩支部メニュー