東京弁護士会

民事介入暴力に関しての質問

Q&Aの一覧へ戻る 法律相談「民事介入暴力(暴力団等被害)」へ

職場に連日電話があり、図書を購入しろと要求されています。数万円程度なので購入してもいいでしょうか?

絶対に購入してはいけません。数万円程度だからといって安易に購入してしまうと、その後も同じ人物から購入を要求されたり、情報を聞きつけた他の人物から購入を要求される危険性があります。職場の方の理解を得て、はっきりと断るようにしてください。あなたが断ったにもかかわらず、一方的に図書等が送られてきた場合は、開封せずにそのまま「受取拒否」と記載の上、返送してください。万が一、購入する契約を結んでしまった場合でも、クーリングオフ等により契約を解除できる場合もあります。弁護士が受任して通知書を送り、要求が止まった例は多々ありますので、まずはご相談ください。

借りた金額は返したのに、ヤミ金から連日電話で返済を迫られ、職場に来るようになりました。止めることはできますか。親が振り込め詐欺の被害に遭って、お金を振り込んでしまいました。取り戻すことはできますか?

弁護士が介入することによりヤミ金からの請求を止めることができます。また、振り込め詐欺については、振込先の口座を凍結し、凍結した時点でその口座にお金が残っていれば、被害額の全額あるいは一部を取り戻すことができる場合があります。

貸していた部屋が暴力団の事務所に使われていることが分かりました。彼らを追い出すことはできますか?

有効な契約がある以上、暴力団関係者だからといって直ちに立ち退きを求めることはできません。しかしながら、無断転貸や用法違反などの賃貸借契約違反、あるいは、区分所有法(建物の区分所有等に関する法律)違反や人格権侵害などが認められるときは、退去を請求できる場合があります。