東京弁護士会
外国人の権利に関する委員会

外国人の権利に関する委員会

 

外国人の権利に関する委員会

当委員会は、1990年に、東京弁護士会外国人人権救済センター協議会として発足し、外国人人権相談を開始しました。

1994(平成6)年には独立した特別委員会として、外国人人権救済センター運営委員会に改組され、さらに1999年に、委員会名称を「外国人の権利に関する委員会」に、センターの名称を「外国人法律相談センター」に改称し、今日にいたっています。

外国人法律相談センターの運営
日本で暮らす外国人の方や、外国人と関わる日本人の方のための法律相談を行っています。

新宿総合法律相談センター
弁護士会蒲田法律相談センター

ご相談いただける内容は、離婚・結婚に関わる相談や、労働相談、金銭問題など広く対応していますが、外国の法律でなければ対応できないご相談や、グリーンカードの申請、外国でのビザの取得の問題については、おこたえできないことがありますので、ご了承ください。

当委員会では、相談担当弁護士がその場で回答できなかったり、回答の補充が必要な場合には、あらためて相談を担当した弁護士からご連絡をするなど、フォローアップ体制を整えていますので、安心してご相談いただけます。
外国人相談を担当する弁護士には、スキルアップのための研修会や、最新情報の提供などを行っています。

外国人の権利に関する委員会メニュー