東京弁護士会
公益通報者保護特別委員会

公益通報者保護特別委員会

 

公益通報相談のご案内

このようなことで悩んでいませんか?
・ 勤務先の役員や従業員が法令違反行為をしているようだ
・ 公益通報・内部通報をしたいが、どこにすればいいかわからない
・ 通報をしたことで、自分に不利益が及ぶのではないか不安がある

このようなとき、公益通報相談がお役に立つかもしれません。

東京弁護士会では、広く、公益通報・内部通報に関するご相談を受け付けております。
公益通報とは、不正の目的でなく、事業者や官公庁などの不正行為を、一定の通報先に通報することをいいます。
(公益通報者保護制度は、法令違反行為の事実を通報した人を、解雇その他の不当な取り扱いから守ることを目的としています。)
弁護士は守秘義務を負っており、ご相談者の方が「弁護士に相談をした」ことはもちろん、「なにを相談したか」という具体的な内容も秘密にされ、職場やマスコミに漏れることはありません。安心してご相談ください。

◆公益通報についてもっと詳しく知りたい方、
公益通報相談についてお悩みの方はこちらをご覧下さい。

◆相談窓口のご案内
相談方法・費用はこちらをご覧下さい。

公益通報者保護特別委員会メニュー