東京弁護士会

新型コロナウイルス関連情報のご案内

最終更新日:7月22日

1.当会の業務状況

(1)弁護士会館(霞が関)、多摩支部会館(立川)の入館・業務時間

弁護士会館(霞ヶ関):平日午前10時~午後4時45分
多摩支部会館(立川):平日午前10時30分~午後4時

※来館者の密状態を避けるため、懲戒請求書等各種書面の提出は極力郵送、各種お問い合わせはお電話や書面による方法にてお願いいたします。

(2)各法律相談の運営状況

当会では、市民の皆様の法律相談のご要望に的確にお応えするため、当面の間、相談者及び弁護士の移動と接触を伴わない法律相談体制に移行して、引き続き法律相談窓口を運営しています。
現在、ご相談をお受けしている相談窓口は次の通りです。電話番号,受付時間等は各リンク先からご確認ください。

法律相談センター
弁護士紹介センター(市民向け)
中小企業法律支援センター(事業者向け)
子どもの人権110番
犯罪被害者支援センター
高齢者・障害者に関する相談(オアシス)
民事介入暴力被害者救済センター
マンション管理相談窓口
空き家相談

※消費者相談、借金問題、労働相談、生活保護相談については、弁護士紹介センターでご相談をお受けしています。

(3)成人の刑事事件及び少年事件の当番弁護士の派遣

通常通り継続しております。

(4)対応休止中の市民・自治体向け窓口等

現在、以下の窓口等は対応を休止させていただいております。ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。

・市民窓口 面談相談(電話相談のみ受け付けております)

(5)シンポジウム等イベント・法律事務職員研修について

当面の間、開催は中止させていただきます。

2.お役立ち情報

(1)市民向け

新型コロナウイルスに関する生活問題Q&A
新型コロナウイルス感染拡大防止支援措置のご紹介(性の平等に関する委員会)
消費者問題 Q&A(日本弁護士連合会 消費者問題対策委員会)

(2)中小企業・小規模事業者向け(中小企業センター運営委員会)

※クリックすると東京弁護士会中小企業法律支援センターのサイトに移動します。
中小企業・小規模事業者向けのQ&A
中小企業・小規模事業者向けの有益情報リンク集

3.会長声明

(1)新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける市民及び事業者の皆様への支援を表明するとともに、法テラスによる無料法律相談に関する支援を求める会長声明(3月17日)
(2)新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の影響を受ける市民及び事業者の皆様への支援を表明するとともに、より相談しやすい法律相談体制の構築を目指す会長声明(4月24日)
(3)東京拘置所及び立川拘置所における一般面会の禁止についての会長声明(4月27日)
(4)新型コロナウイルス感染対策としての仮放免に伴う生活支援と全件収容主義の是正を求める会長声明(5月28日)
(5)学生支援緊急給付金に関する会長声明(6月11日)