東京弁護士会

意匠

意匠とは、法律上は「物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるもの」と定義されていますが、簡単に言えば、物の美しい外観、デザインのことです。
デザインも、物の価値を高める重要な要素ですが、容易に模倣が可能であるため、法律は意匠登録制度を設け、デザインの考案者の権利保護を図っています。
意匠権は、特許権同様、主に工業製品分野で活用される権利ですが、特許権は発明というアイデアを、意匠権は物そのものの形状を保護の対象としている点で異なります。また、創作を保護する点では著作権と類似していますが、著作権は表現と同時に権利が発生するのに対し、意匠権は登録によって初めて発生するなどの違いがあります。

Q&A 多くの方々から頂く代表的なご質問

当社の開発部が画期的なデザインの携帯電話を製作しました。発売に備え、あらかじめそのデザインの意匠登録をしたいのですが、登録された意匠は公表されるため、発売日前に競合他社に模倣されないか心配です。

このような場合、「秘密意匠」制度を活用することが考えられます。出願人は、3年間を限度として登録された意匠の情報を秘密にすることを請求することができます。

ご相談はこちらまで

中小企業法律支援センター
コンシェルジュ弁護士が直接事案の概要をお聞きした後(無料)、ご相談に適した弁護士を紹介しています。