東京弁護士会

商標

今、デパートに新しいバッグを買いに来たとします。さて、あなたはどのようにバッグを選ぶでしょうか。
もちろん用途に適した材質、形状のものを探すのですが、本当にそのバッグがよい物かどうかは買って、使ってみないとわからない、ということが多いでしょう。
しかし、このマークが付いているバッグは丈夫だとか、このブランド名のバッグはセンスのよいデザインのものが多いというように、ブランド名やシンボルマークは、その商品の信用性を保証してくれるので大変役立ちます。
このように、商品やサービスと結びついた名称やマークのことを商標といい、その商品・サービスを製造・提供しているのは誰か、またどの程度信用に値するものかどうかを消費者に伝達する役割を果たしています。

Q&A 多くの方々から頂く代表的なご質問

商標は、必ず登録しなければならないのでしょうか?また、商標を登録した場合のメリットは何でしょうか?

商標は、必ず登録しなければならないものではありません。もっとも、商標登録をすると、同一または類似の商標を使用する者に対して、使用の差し止めや損害賠償を請求することができ、反対に、商標登録をしておかないと、第三者から差し止めや損害賠償の請求を受けるおそれがあることになります。

ご相談はこちらまで

中小企業法律支援センター
コンシェルジュ弁護士が直接事案の概要をお聞きした後(無料)、ご相談に適した弁護士を紹介しています。