東京弁護士会

家族にできること

逮捕され、警察署の留置所で身柄を拘束されている間(最長72時間)は、弁護士以外はご家族といえども面会(刑事実務では「接見」といいます。)できることは稀です。逮捕後の身柄拘束の延長を「勾留」(こうりゅう)といい、警察署の留置所又は拘置所に最長20日間留め置かれることになりますが、この間は、弁護士以外のご家族やご友人も原則として面会することができます。ただし、本人が容疑を否認している場合などには「接見禁止」が付けられることがあり、この場合は、弁護士以外は面会することができません。接見禁止が付けられているかどうかは、留置先の職員(警察署であれば留置係)に問い合わせれば教えてもらえます。
ご家族・ご友人の面会は、1回15~20分程度で必ず警察官が立ち会います。また、面会できるのは1日1回だけですので、他のご家族やご友人が先に接見した場合には、面会できなくなります。
衣類・洗面用具などの生活必需品や現金の差入れは、留置期間・勾留期間を通じて可能ですが、各警察署によって差入れについてのルールが異なりますので、あらかじめ警察署に問い合わせるのが無難です。食物の差入れはできません。
なお、逮捕・勾留されている本人は、留置所内で生活必需品や食物が購入できますので、現金の差し入れは、身柄拘束のストレスを受けている本人には大きな支えとなります。

※「被疑者」 犯罪の嫌疑で捜査の対象とされているが起訴はされていない者(マスコミの報道では「容疑者」と呼ばれていますが、正しくは「被疑者」といいます。)。また、起訴されると「被告人」と呼ばれます。

Q&A 多くの方々から頂く代表的なご質問

夫(妻)が逮捕されたと警察から連絡がありました。どうしたらいいでしょうか?

まずは落ち着いて下さい。逮捕中は、親族の面会も認めない警察署が少なくありません。しかし、弁護士の面会は認められます(警察署にいない場合など除きます)。当番弁護という制度があり、逮捕された方も弁護士を呼ぶことはできますが、親族も別途弁護士に頼むことができます。複数の弁護士に依頼してしまっても、後で調整はできます。また、依頼した弁護士の仕事が、一回の面会だけで終わっても問題はありません。逮捕された方の状況を早く知りたい場合は、弁護士に依頼することをお勧めします。

面会をしたら衣服を差し入れてほしいと言われました。どんな服でも入れられるのですか。

差入品にはいろいろと制限があります。例えば、衣服の場合、ワイヤーが入っているもの(女性のブラジャーなど)や「ひも」がついているもの(スエットのズボンのウエストのひもなど)は基本的に入りません。これは、自殺防止のためと言われています。場合によって、ワイヤーやひもを抜いて入れてくれるところもありますが、事前に警察署や拘置所の職員に確認されるとよいでしょう。
身柄拘束中は洗濯ができませんので、下着も含め、こまめな差入と宅下げ(中から物品を出してもらう手続。差入の反対です。)を希望される方が多いです。

本人には会えないのですが、何か差し入れたいと思っています。何か差入の注意点はありますか?また、郵送でも差入はできますか?

身柄拘束を受けている施設によって、差入品の制限が異なります。
まずは、差し入れたい物品について、差入が可能であるか、施設自体に聞いて、確認してみることをお勧めします。場合によっては、手紙も含め、一切の差入が認められないケースもありますので注意が必要です。
本人が望んでいるものを入れて差し上げるのが一番ですので、できれば本人に欲しいものを確認して下さい。本人に確認できない場合、一般に喜ばれるのは、現金(施設内でも制限はありますが買い物ができます)、封筒や便箋、切手など(手紙でのやりとりが多くなります)、ノート(日記を付ける方が多いようです。違法な取調があった場合の証拠にもなりますので、弁護士もお勧めしています。)、書籍や雑誌、衣類などでしょうか。写真を希望される方も多いです。身柄を拘束されている方にとっては、心の支えになると聞きます。
郵送での差入も原則可能ですが、一日に入れてもらえる数量に限りがある場合がありますし、入らない場合、取りに来て下さいと言われます。やはり、郵送の場合でも、施設に連絡して確認することをお勧めします。警察署の場合、留置係(あるいは管理課)にお問い合わせ下さい。

当番弁護士の依頼はこちらへ

刑事弁護センター

TEL 03-3580-0082
※この電話は弁護士派遣依頼受付電話のため、法律相談はできません。
※一回目の面会の費用は無料です。
※他道府県の警察に逮捕された場合は、当該道府県の弁護士会へお問い合わせください。