アクセス
JP EN

ハラスメント等の防止への取り組み

ハラスメント(セクシュアル・ハラスメント、パワー・ハラスメント等)及び性を理由とする差別(以下総称して「ハラスメント等」といいます。)は、日本国憲法に定める基本的人権を侵害する行為です。
そのため、当会では、「性を理由とする差別的取扱い及びセクシュアル・ハラスメント等の防止等に関する規則」及び「パワー・ハラスメントの防止等に関する規則」を制定しています。
会員がこれらの規則を十分理解し、ハラスメント等を行わないように、研修及び広報等による周知に努めています。
また、ハラスメント等が起きた場合に備えて、ハラスメント相談窓口を設置し、ハラスメント防止委員会がこれを運営しています。

ハラスメント相談のご案内

当会会員の事務所における活動、本会、日本弁護士連合会及び関東弁護士連合会における会務活動その他職務に関する一切の活動の際に、当会会員からハラスメント等を受けた場合は「ハラスメント相談窓口」にご相談ください。

相談対象

相談対象は、当会会員からハラスメント等を受けた方であり、下記に例示していますが、これに限られません。

  • 弁護士会員・外国特別会員
  • 当会に勤務する方
  • 司法修習生
  • 当会所属会員が経営する法律事務所勤務の方
  • 当会の刑事弁護センターに登録している通訳人
  • 当会が運営する法律相談センターで当会会員に法律相談をした方

相談内容

ハラスメント全般及び性差別について相談できます。

ハラスメント相談の方法

A.ハラスメント相談窓口への申出

下記フォーム、当会宛の郵送又は、当会宛の電話により申し出ることができます。
相談員について希望がある場合は、その旨をお申出ください。


郵送の場合
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館6階
東京弁護士会ハラスメント相談窓口 宛
電話番号 03-3581-2202

※ハラスメント相談窓口に相談の申出がありましたら、2名の相談員が相談に応じます。
相談員から連絡がいきますので、相談日程を相談員と調整してください。

弁護士相談員氏名 事務所名
芹澤 眞澄 新宿西口法律事務所
中川 明子 シティユーワ法律事務所
千吉良 健一
青龍 美和子 東京法律事務所
平沢 郁子 アレグレット法律事務所
中井 陽子 ルーチェ法律事務所
兼川 真紀 インテグラル法律事務所
内野 真一 東京不二法律事務所
渡邉 敦子 渡邉綜合法律事務所
大辻 寛人 お茶の水合同法律事務所
鈴木 健二 平山・福島・鈴木法律事務所
入澤 武久 入澤法律事務所
本多 広高 本多法律事務所

B.外部の専門相談員

当会と契約している外部の専門相談員です。
※必ずご本人が面接相談日をご予約ください。Eメール及び電話での相談はお受けできません。

  1. 髙山直子 Eメールアドレス: counselingssn@gmail.com
  2. フェミニストセラピィ"なかま" 電話番号:03-3359-0902
    ※受付時間:月~金(祝日・年末年始を除く)10:00~17:00

ハラスメント相談以後の流れ(概略)

※1 担当相談員と相談の後、相談者の希望によりハラスメント防止委員会に対し、調査を申し立てることができます。
※2調査の結果、相談者の希望を考慮して、ハラスメント防止委員会が会長に対し、調査結果の報告と会長が取るべき措置を提案することがあります。

関連規則

お問い合わせ

東京弁護士会 ハラスメント相談係
〒100-0013 千代田区霞が関1-1-3
TEL 03-3581-2202