東京弁護士会

人権擁護活動への取り組み(16委員会)

  • 刑事弁護委員会

    刑事弁護センターの運営、国選弁護人・私選弁護人の推薦、刑事手続の運用、制度改善等に関する事項等を扱っています。

  • 刑事法対策特別委員会

    日弁連刑事法制委員会に協力して、刑法その他刑事法及び刑事政策に関する立法、法改正等諸問題について調査研究・提言等を行い、併せて死刑制度存続問題に取り組んでいます。

  • 骨髄提供同意立会特別委員会

    骨髄もしくは末梢血幹細胞(身体を巡っている血液の中にある血液成分を造る元になる細胞のことを言います。以下では、両者をまとめて「骨髄等」と呼ぶことにします。)ドナー候補者の人権擁護及び骨髄等移植の適正且つ円滑な実施に資する観点から、東京弁護士会が公益財団法人日本骨髄バンクの委託を受けて行っている骨髄等提供の最終同意面談立会弁護士の派遣業務に関する運営、及び骨髄等移植に関する調査・研究等を行っています。