東京弁護士会

講座についての質問

Q&Aの一覧へ戻る

39. 基礎講座と中級講座はどのように違うのですか?また、受講資格に制限はありますか?

基礎講座は初めて法律事務職員となった方を主な対象とし、中級講座は法律事務職員となって3年を経過した方もしくは基礎講座を修了した方を対象としています。
受講資格については、厳密に要件を定めているわけではありません。よって、事務職員歴数ヶ月の方が中級講座を受講することもできますが、中級講座は基礎講座で習得すべき知識を有していることを前提に講義が行われますので、この点ご了承の上、受講してください。

40. テキストはどのようなものがありますか?

年間を通じて使用するテキストと、各回担当講師が当日配布する資料との2種類があります。テキストは有料で1部500円です。当日配布資料は受付にて受講者に無償で配布します。講師によっては当日配布資料がない場合もあります。
テキストは弁護士会館地下1階のブックセンターにて随時販売しておりますので、受講前にお買い求めいただき、ご一読ください。

41. 講座は毎年同じ内容を行うのですか?

毎年ほぼ同様のテーマを取り上げて研修を行っておりますが、各回とも法改正等を踏まえた最新の内容となっております。

42. 講座を録音・録画してもよいですか?

出席した本人の復習用といった自己使用目的であれば録音することは構いませんが、録音したものを他人に貸与・譲渡・複製すること及び公衆送信すること(インターネット上にアップロードすること自体を含む)はできません。このような行為が認められた場合、以後の講座の出席を禁止することがあります。また、個人による録画はお断りしております。