東京弁護士会
性の平等に関する委員会

性の平等に関する委員会

 

「レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー『セクシュアル・マイノリティ』はTVの中だけか?カテゴライズされた『男』と『女』」

性同一性障害者及び同性愛者が日常において実際に抱えている問題点について、またそれに対して弁護士会及び社会がどのように取り組むべきかについて考える。その中で、「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」の定める戸籍上の性別変更のための各要件の妥当性や、同性愛者が異性愛者と同等に捉えられるための法制度の選択肢(同性婚、パートナーシップ制度など)の可能性、性的マイノリティに対する差別・偏見をなくすための人権教育の必要性などについても検討する。

日 程 2012(平成24)年3月24日(土)午後1時から午後4時まで
場 所 弁護士会館3階301会議室

プログラム内容

報告 折井純副委員長(両性の平等に関する委員会)、千吉良健一委員(同上)

パネルディスカッション
パネリスト:大江千束氏(LOUD代表)
上川あや氏(世田谷区議会議員)
谷口洋幸氏(高岡法科大学準教授)
山下敏雅氏(弁護士:東京弁護士会会員)
コーディネーター:寺原真希子副委員長(両性の平等に関する委員会)

チラシ(PDF:283KB)

性の平等に関する委員会メニュー