東京弁護士会
性の平等に関する委員会

性の平等に関する委員会

 

「あなたの職場は安全ですか? ハラスメント(セクハラ・パワハラ)のない社会へ」

2012年12月に発表された厚生労働省委託の調査では、職場でパワハラを受けたと回答した人は4人に1人、労働局に寄せられる「いじめ・嫌がらせ」に関する相談件数は急増しています。また、均等室に寄せられる相談の半数がセクハラに関するもので、職場のハラスメント(セクハラ、パワハラ)問題は深刻です。
シンポジウムでは、セクハラ裁判の原告の特別報告、多数のハラスメントに関する相談に応じている弁護士、心理カウンセラーと研究者らによるパネルディスカッションを行い、ハラスメントの被害の実態、被害者の心理を浮き彫りにし、外国での取り組みなども参考に、その発生の原因・背景を探り、ハラスメントをなくすための方策を考えます。
働く人が、ハラスメントのない安全・安心な環境のもとで仕事ができるよう、東京弁護士会としての提言をする予定です。是非ご参加ください。

日 時 2013(平成25)年3月16日(土)午後1時から午後4時まで
場 所 弁護士会館3階301会議室

プログラム内容

特別報告:銀蔵セクハラ事件の原告

パネリスト:笹山尚人氏(弁護士:第二東京弁護士会)
井上麻耶子氏(ウィメンズプラザ京都・心理カウンセラー)
内藤 忍氏(独立行政法人 労働政策研究・研修機構 労使関係部門研究員)

チラシ(PDF:3MB)

リブラ原稿
(PDF:87KB)

性の平等に関する委員会メニュー