東京弁護士会

LGBT問題

LGBTを含めた性的マイノリティ全般への対応策を支援します

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字をとった単語ですが、性的マイノリティの総称として用いております。)の諸問題への取組みは、多様性(ダイバーシティ)を尊重 する社会を実現するための重要な課題になっています。
自治体においては、一定数存在するLGBT(性的マイノリティ)が、差別されたり偏見を持たれたりすることなく、自分らしく生きてゆけるための行政サービスの提供が求められており、そのニーズは日々高まっているといえます。

ご提供できる法的サービス

(1)職員研修の講師派遣

適切な対応を身に付けるための職員研修について、法的観点も踏まえたニーズに応じた内容を検討して、講師を派遣します。

(2)法律相談

行政サービスとして実施する法律相談の相談員を担当します。

(3)制度設計支援

宣言や要領の定め、規則や条例の制定など、行政としての制度設計を支援します。

(4)各種委員等の推薦等

自治体内に設置する委員会や有識者会議等の委員等の推薦や会議体の運営を支援します。

お申込み

お申込みはこちら

担当委員会等

  • LGBT法務研究部
  • 法律相談インターネット予約
  • 中小企業法律支援センター
  • 弁護士会の法律相談センター
  • 借金専門法律相談センター
  • 日弁連ひまわりお悩み110番