東京弁護士会
人権擁護委員会

人権擁護委員会

 

2019沖縄シンポジウム「沖縄とともに―慰霊の日を迎えて―」のご案内

第二次大戦における沖縄戦が組織的な戦いとして終了したのが1945(昭和20)年6月23日であり、沖縄ではこの日に慰霊の行事が行なわれています。
私たちは、日本の国土の中で唯一地上戦が行なわれた沖縄のことを忘れてはいけないと思います。
シンポジウムでは、「沖縄戦における陸軍中野学校と護郷隊の役割」をテーマに川満彰さん(名護市教育委員会文化課市史編さん係嘱託)から、「辺野古埋立てをめぐる法律上の問題の現在」をテーマに本多滝夫さん(龍谷大学法学部教授)から、それぞれお話をいただきます。
同時に、名護市を中心とする沖縄戦時の写真や、辺野古の自然、埋立てに関する写真展を開催いたします。

190622okinawa_1.jpg190622okinawa_2.jpg

1 日時・場所

2019年6月22日(土)13時00分~16時30分(開場12時30分)
弁護士会館2階講堂 クレオBC

2 内容

第1部 沖縄戦における陸軍中野学校と護郷隊の役割
ー本土のための捨て石としての沖縄ー

講師 川満彰氏(名護市教育委員会文化課市史編さん係嘱託)

第2部 辺野古埋立てをめぐる法律上の問題の現在
ー埋立承認撤回取消裁決と設計変更についてー

講師 本多滝夫氏(龍谷大学法学部教授 行政法)

3 同時開催写真展

名護市を中心とする沖縄戦時の写真や、辺野古の自然、埋立てに関する写真を展示します。

期間

6月17日(月)~7月11日(木)

場所

弁護士会館1階フロア

時間

9:00~19:00(6月22日を除き、平日のみ)

4 対象

広く一般の方々のご参加をお待ちしております。参加無料。

5 主催

東京弁護士会

6 問合せ先

東京弁護士会人権課 TEL:03-3581-2205

*詳しくはちらし(PDF:1.2MB)をご参照ください。

人権擁護委員会メニュー