東京弁護士会
人権擁護委員会

人権擁護委員会

 

【終了しました】シンポジウム「辺野古の今を知る~新基地建設計画の問題点と埋立阻止の可能性」(11/5 18時~)

*終了しました。

辺野古埋立訴訟に向け、緊迫した状況が続く沖縄。
東京弁護士会では、本年6月5日に映画『標的の村』の上映および監督を招聘し、沖縄における基地問題が東京においても正しく理解されるようシンポジウムを開催し、盛況を博しました。第2回目となる今回は、変動し続ける辺野古の今をリアルタイムで発信し続けている報道関係者と研究・調査を行っている学者、訴訟の現場に立つ弁護士の視点から、辺野古の「今」を検証します。

PDFチラシはこちら(PDF:360KB)

日時

2015年11月5日(木)午後6時~午後8時(開場 午後5時40分)

場所

弁護士会館2階講堂クレオBC

内容

動画による解説

『辺野古の今』
宮城栄作氏 沖縄タイムス東京支社編集部長

パネルディスカッション

『新基地建設計画の問題点と埋立阻止の可能性』
徳田博人氏 琉球大学教授
金高 望氏 沖縄弁護士会会員、辺野古埋立承認取消訴訟弁護団事務次長
司会:藤川元(東京弁護士会)

※予約不要、入場無料

お問合せ

人権課 TEL 03‐3581‐2205

人権擁護委員会メニュー