東京弁護士会
人権擁護委員会

人権擁護委員会

 

全国一斉生活保護ホットライン(無料電話相談:12/18)を実施いたします

日本弁護士連合会と東京三弁護士会は、生活保護に関してお困りの方を対象に「全国一斉生活保護ホットライン」(無料電話相談)を実施いたします。
相談料はかかりません。フリーダイヤルで実施しますので、電話代もかかりません。

実施日時

2018年12月18日(火)10:00~16:00

電話番号

◆フリーダイヤル:0120-158-794
(携帯電話からもかかります)

相談内容

例えばこんな相談に弁護士が直接お答えします。

・申請書がもらえない。

・次の理由により申請が受け付けてもらえない。
住所不定(ホームレス)、所持金がある、借金がある、家賃が高すぎる、自動車がある、
65歳までは働ける、
別の制度(生活困窮者自立支援制度)が利用できる

・役所(福祉事務所)から次のように言われた。
「保護費を返してください」
「辞退届を書いてください」
「住宅扶助の基準が変わったので、安いところに転居しなさい」
「資産申告書を提出しないと保護を停止・廃止します」

・保護費を"天引き"されている。

・保護費が下がって、生活していけない。

・ジェネリック(後発医薬品)の薬を使うよう強制されている。

◆詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

1218seikatsuhogohotline.jpg

問合せ先

東京弁護士会人権課 TEL:03-3581-2205

人権擁護委員会メニュー