東京弁護士会

暴力団の本当の姿を知ろう

暴力団等の反社会的・組織的犯罪集団と関わりをもつことは、子どもたち自身が有形・無形の被害を受けるおそれがあるだけでなく、気がつかないうちに、自ら犯罪行為に加担してしまうおそれすらあります(違法薬物、売春強要、誘われてアルバイトをしたところ振り込め詐欺の「受け子」や「出し子」の仕事であった等)。反社会的・組織的犯罪集団の本質・実態を理解し、被害者・加害者となることを防ぐための講座を実施します。

講座のポイント

学習の視点

①暴力団等の反社会的・組織的犯罪集団の本当の姿を知り、肯定的なイメージをもつことがないようにする。
②反社会的・組織的犯罪集団に関わり、犯罪に巻き込まれないために、日々の生活で気を付けておくことについて学ぶ。また、もしそのような危険が迫ったとき、どの様に対応したらいいのかについて考え、行動できる力を養う。
③自他の権利を大切にすることを学び、学校生活・社会生活にも活かしていく。

対象学年、教科、単元

小学5年~一般(社会、総合学習、保健、道徳)

所要時間

1単位(40~60分)(予定時間に応じて柔軟に対応可)

その他

・事前準備は不要です。
・土日の実施も可能です。

講座の流れ

  • 弁護士による講義
    1. 反社会的・組織的犯罪集団(暴力団等)ってどんな人たち?
    2. その様な人たちは何をして稼いでいるの?
    3. その様な組織の人たちでもいい人はいるんじゃないの?
    4. 反社会的・組織的集団はかっこいいか?
    5. その様な組織の人たちと関わらないためには?
    6. 暴走族について
    7. もしもその様な組織の人たちと関わってしまったら?
    8. 組織的犯罪集団のいらない社会を作るには
  • DVD教材の視聴
  • ※テーマや内容については、ご要望への対応も可能ですので、ご相談ください。

実績

高校、中学での講座実施の実績があります。

お申込み方法

年間を通じて受付けています。実施日を決め、実施希望日の2か月前までに、申込書をお送り下さい。

お問い合わせ

東京弁護士会(広報課内)法教育総合センター担当

  • TEL03-3581-2251
  • FAX03-3581-0865