東京弁護士会

いじめ予防授業

いじめ被害をなくすための最善の策は、いじめの被害が酷くなる前に予防することです。東京弁護士会では、弁護士が学校に出向いていじめについて子ども達と一緒に考える「いじめ予防出張授業」を実施しています。

講座のポイント

学習の視点

子どもは、その成長過程の様々な場面で人権侵害と隣り合わせにあります。特に学校を生活の場とする子どもにとって、いじめは最も身近な人権侵害といえます。いじめは、誰もが関わりのある身近な出来事でありながら、その問題の根は深く、深刻ないじめ被害は依然としてなくなりません。

人権の観点から、いじめは、私たちの人権を深く傷つける問題であることを伝えます。

弁護士による「いじめ」予防のための授業

弁護士はいじめに関する交渉や裁判に関わりますが、いじめをなくすための最善の策は、いじめが酷くなる前に予防することです。そこで、弁護士が学校に出向いていじめについて子ども達と一緒に考える「いじめ予防授業」を実施しています。

いじめ以外の人権テーマにも対応

子どもへの虐待や学校の問題など子どもの人権に関わるテーマについての授業をお考えの場合は、ご要望に応じて講師の派遣を検討いたしますのでご相談下さい。

講座の流れ

講義形式(45~50分)です。

授業構成の一例

  • いじめと「人権」の関係
  • いじめられる側が悪いのか?(許されるいじめはないこと)
  • 実際のいじめ自殺の事例を通して考える
  • いじめを受けた人の心を知る -コップの水に例えて-
  • いじめが加害者や傍観者に残す傷
  • いじめの四層構造 -ドラえもんの登場人物を例に-(「傍観者」にいじめを止める力があること)

講座の内容

過去に起きた実際のいじめ自殺事件などを題材に、「人権」の観点から、いじめは私たちの人権を深く傷つける問題であることを伝えます。また、いじめが被害者や加害者に残す傷や、いじめを止めるために一人一人(特に「傍観者」の立場)ができることなども考えてもらいます。

対象学年

主に小学校5年生~中学校3年生を対象としています。

1クラスあたり講師1名を派遣した教室での授業を基本としていますが、全体授業など多数を対象にする場合はご相談下さい。

参加者の声

  • 私は以前いじめをしたことがありますが、今日本当に恥ずかしくなりました。
  • 最初は『いじめられているのはその人が悪いこともある』と思っていたけど『いじめは良くない』と考えが変わりました。

お申し込み方法

年間を通じて、お申し込みを受け付けています。

ご希望の方は、実施日を決め、申込用紙をダウンロード・印刷し、必要事項ご記入のうえ、下記送付先までFAXでお送りください。 後ほど、こちらからご連絡いたします。

  • ※申込みから2ヶ月以上先の日にちをご指定ください。
  • ※申込み状況によっては、ご希望に添えない場合があります。

お問い合わせ

東京弁護士会(広報課内)法教育総合センター担当

  • TEL03-3581-2251
  • FAX03-3581-0865

子どもの人権と少年法に関する特別委員会の
ページはこちら