東京弁護士会
憲法問題対策センター

憲法問題対策センター

 

【終了しました】「集団的自衛権行使容認および自衛隊の海外武力行使緩和等のための具体的立法化」に反対する街頭宣伝(5/3)

*終了しました。

日時:5月3日(日)午前11時00分~午後12時00分頃
場所:東京交通会館前(千代田区有楽町)
内容:街頭宣伝(リレートーク)及びチラシ配布

概要

新たな安全保障法制について、集団的自衛権行使並びにそれ以外の自衛隊の海外派遣の要件などが一括提示され、本年3月20日、与党協議がまとまりました。これにより平時有事を問わず、いつでもどこにでも切れ目なく自衛隊を派兵し、米軍や他国軍隊と一体となって、戦争・武力による威嚇、武力行使ができる体制づくりを目指す法案の全体像が固まってまいりました。
5月の大型連休明けにも具体的な法案を提出するやに報道されている状況を勘案して、当会では一、二弁にも呼びかけて憲法記念日である5月3日に街頭宣伝活動を行うことにいたしました。

発言者(予定)

  • 伊藤 茂昭(東京弁護士会会長)
  • 伊井 和彦(東京弁護士会憲法問題対策センター委員長代行)
    ほか多数
憲法問題対策センターメニュー