東京弁護士会
憲法問題対策センター

憲法問題対策センター

 

オンラインシンポジウム「コロナ禍における私たちの自由~今、何をどう発信すべきか~」(3/26)

日本弁護士連合会主催、東京弁護士会共催でオンラインシンポジウム「コロナ禍における私たちの自由~今、何をどう発信すべきか~」を開催します。
事前申し込み不要で、どなたでもご参加いただけます。是非、ご参加ください。
------------------------------------------------------------------------------
世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るっています。そして、このコロナ禍において、私たちの生活の中での自由、とりわけ表現の自由が制限され、市民による意見表明の機会も大きく制約されています。
このような状況の中で、市民がどのように自由や人権を享受していくのか、自由に表現活動ができるようにするためには何が必要なのか。憲法の理念を踏まえて、専門家からご講演いただくとともに、これまでの弁護士会の取組をご紹介します。
身近な人権問題として、市民の皆様に考えていただく機会となれば幸いです。

オンラインシンポジウム

「コロナ禍における私たちの自由 ~今、何をどう発信すべきか~」
2021年3月26日(金)17時~19時30分

開催方法

Zoomウェビナーによるオンライン開催 ★事前申し込み不要
※当日、上記サイトに掲載する参加用URLからご参加ください。 開始15分前(16時45分)からアクセス可能になる予定です。

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

どなたでも参加可

内容

第1部 基調講演
(1)「コロナ禍と私たちの自由」講師:青井 未帆 さん(学習院大学教授)
(2)「取材活動から見た自由」講師:堀 潤 さん(ジャーナリスト/キャ スター)
第2部 市民との取組~弁護士会にできること~
・過去に実施した憲法関連コンテストの受賞者インタビュー等
第3部 パネルディスカッション
テーマ:「コロナ禍における私たちの自由~今、何をどう発信すべきか~」
パネリスト:青井 未帆 さん(学習院大学教授) 堀 潤 さん(ジャーナリスト/キャスター)
コーディネーター:伊藤 真 弁護士(日弁連憲法問題対策本部副本部長)
●主催 日本弁護士連合会
●共催 東京弁護士会 第一東京弁護士会 第二東京弁護士会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会人権部人権第二課 TEL:03-3580-9507
詳細はこちら(外部サイト:日弁連ウェブサイト)をご覧ください。

憲法問題対策センターメニュー