東京弁護士会

秘密保全法制に関する意見書

当会は、2013年2月12日開催の常議員会の審議を経て、標記意見をとりまとめました。

意見書全文はこちら(PDF:302.2KB)

意見の趣旨

新たな秘密保全法制を必要とする立法事実はなく、「秘密保全のための法制の在り方に関する有識者会議」が2011年8月8日に提案した秘密保全法制には問題が山積しており、とりわけ特定取得行為の処罰は国民の知る権利と取材の自由を侵害するものである。
よって、当会はその法制化に強く反対する。

  • 法律相談インターネット予約
  • 中小企業法律支援センター
  • 弁護士会の法律相談センター
  • 借金専門法律相談センター
  • 日弁連ひまわりお悩み110番