東京弁護士会

LIBRA 2009年 12月号

リブラギャラリー 特集

民事訴訟手続と法廷技術

日弁連夏期研修 新民事訴訟法施行11年と今後の課題
―民事訴訟手続と法廷技術―
1:訴状へ記載すべき情報量について
2:訴え提起前の証拠収集の処分
3:準備書面の書き方について
4:証拠説明書について
5:陳述書について
6:文書提出命令について
7:専門委員の役割について
8:攻撃防御方法と失権効,制裁制度の導入について
9:法廷技術によって弁護士が淘汰されるか
10:望ましいのは
11:弁護士3000 人時代に

会員のみを対象とした記事等はこちらには掲載しておりません。
会員の方は冊子または会員サイト内のLIBRAをお読みください。

当会の許可なく「LIBRA」の全部又は一部について、複製、配布、出版、インターネットでの掲載などを無断で行うことは違法です。
二次利用を希望される場合には、当会宛てにご連絡下さい。
  • 法律相談インターネット予約
  • 中小企業法律支援センター
  • 弁護士会の法律相談センター
  • 借金専門法律相談センター
  • 日弁連ひまわりお悩み110番