東京弁護士会

学校問題ADRについて

東京弁護士会では、2018年1月から、学校問題に関して生じたトラブルの解決を、迅速、柔軟に非公開で図る学校問題ADRを運営しています。
学校には、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学(短期大学及び大学院を含む。)、 高等専門学校、専修学校及び各種学校を含み、学校問題に関して生じたトラブルであれば、分野を問いません。
(取扱例)
 いじめや不登校などに対する学校の対応に不満がある場合
 いじめや暴行、学校事故で生じた損害賠償等を、相手方や学校に請求したい場合
 学校と保護者又は学生との対立が激しく、様々な支障が生じている場合など

必要書類

(1)申立書...3部

(2)証拠資料 ...3部

(3)代表者事項証明書または履歴事項全部証明書...原本1部

※当事者が法人であるときのみ

(4)委任状...原本1部

※代理人が就く場合のみ

(5)仲裁合意書...原本1部

※仲裁申立の時のみ

申立方法

上記1-5の書類を、申立手数料11,000円(税込)とともに当センターへご提出ください(★郵送での申立は、原則、取り扱っておりません。
なお、センターにご提出いただいた書類は原則として返還できませんので、センター所定の書式(申立書)以外の証拠書類等は原本以外をご提出ください。
★学校問題ADRはZoom等を利用したオンライン期日も対応しています。オンライン期日の詳細はこちらをご覧ください。
また、利用者が明示的に拒絶しない場合には、事例研究などの公益目的のために、申立事例を匿名化した上、目的に必要な範囲で、事件の内容を開示する場合があります。

費用について

  • 申立手数料:11,000円(税込)
  • 期日手数料:5,500円(税込)
  • 話し合いが成立した場合は、解決額として示された紛争の価額を基準として、下表のとおり定める成立手数料を、原則として両当事者の折半(当事者がこれと異なる割合で合意した場合にはその割合)でお支払いいただきます。
紛争解決額(A) 成立手数料(消費税込)
125万円未満または算定困難事案 11万円
125万円以上300万円まで A×8.8%
300万円を超え1500万円まで 26.4万円+(A-300万円)×3.3%
1500万円を超え3000万円まで 66万円+(A-1500万円)×2.2%
3000万円を超え5000万円まで 99万円+(A-3000万円)×1.1%
5000万円を超え1億円まで
121万円+(A-5000万円)×0.77%

東京弁護士会 紛争解決センター
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 弁護士会館6階
電話:03-3581-0031
★受付時間:平日 10:00-12:00 13:00-16:00

  • 法律相談インターネット予約
  • 中小企業法律支援センター
  • 弁護士会の法律相談センター
  • 日弁連ひまわりお悩み110番