東京弁護士会
子どもの人権と少年法に関する特別委員会

子どもの人権と少年法に関する特別委員会

 
『もがれた翼』動画配信中!
『もがれた翼』についてはこちら

もがれた翼 日本弁護士連合会 国選付添人シンポジウム特別公演 『扉をひらいて』

少年事件により家庭裁判所で審判を受ける少年の権利を守り、援助するのが、「付添人」です。資力のない少年に国の費用で弁 護士付添人を選任する国選付添人制度は、2007年11月に拡大されましたが、その対象事件は、殺人や強盗などの重大事件に限定されており、少年鑑別所に 収容される少年の約6%が対象になるにすぎません。日本弁護士連合会や当会は、早急に少年鑑別所に収容された全ての少年の事件を対象とした「全面的国選付 添人制度」を実現するべきであると考えています。そこで、広く市民の皆様に、少年事件で弁護士付添人が果たしている役割と国選付添人制度拡大の必要性につ いて知っていただくため、シンポジウムを開催いたしました。

東京弁護士会は、下記シンポジウム内で、書き下ろしの脚本による弁護士と子どもが作るお芝居「もがれた翼特別公演~扉をひらいて~」を上演しました。な ぜ、少年事件に国選付添人が必要なのか分りやすく理解していただくために、弁護士付添人がどんな活動をしているのか、その活動が少年の更生にどう役立つの か、を芝居にしています。

シンポジウム

日 時 2011年1月29日(土) 午後1時30分~午後5時
場 所 日本教育会館 一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2-6-2) 
地下鉄神保町駅A1下車 徒歩約3分  地図はこちら
入 場 850名
進 行
・午後1時30分~ 基調報告
・午後2時~ もがれた翼特別公演「扉をひらいて」
・午後3時~ リレートーク
主 催 日本弁護士連合会
共 催 東京弁護士会 第一東京弁護士会 第二東京弁護士会 関東弁護士会連合会
問合せ 東京弁護士会 人権課 TEL03-3581-2205

特別講演

演出・脚本 坪井 花梨(社会福祉法人カリヨン子どもセンター)
照 明 木村 秀信(スクラムスタッフ)
音 響 余田 崇徳、竹田 雄(Three Quarter)
製 作 東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会
出 演 公募参加の子どもたちと東京弁護士会の弁護士
協 力 社会福祉法人カリヨン子どもセンター

あらすじ
彰、17歳。 公立高校2年生に在籍しているが、学校へいくより地元の仲間とダベっているほうがずっと楽しい… そんな毎日を送っていた。

ある夜、いつもの公園で、いつもの仲間と、いつものようにダベっていたはずの彰が事件を起こす。 警察に逮捕、勾留され、家庭裁判所に送致される彰。 しかし、彼に面会する親の姿は無かった。 少年当番付添人として、派遣される弁護士の松井は、彰の孤独と親子の問題に直面する。

彰の家族に起きている事態とは?彰はどうして事件を起こしたのか?彰の本当の居場所はどこにあるのか?本作品では、少年事件から少年審判に至るまでをたど り、付添人弁護士の役割を見つめていきます。

  

『もがれた翼』動画配信中!
『もがれた翼』についてはこちら
子どもの人権と少年法に関する特別委員会メニュー