東京弁護士会
子どもの人権と少年法に関する特別委員会

子どもの人権と少年法に関する特別委員会

 
『もがれた翼』動画配信中!
『もがれた翼』についてはこちら

Part8『モーリからの贈り物』

脚 本 坪井 節子
演 出 久保田邦明
日 時 2001年9月1日(土) 17時30分開演(17時開場)
会 場 東京都児童会館
主 催 東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会
共 催 東京都児童会館
出 演 東海大学付属高輪台高等学校演劇部・OBの皆さん、当会会員
ビデオ 在庫切れ
問合せ先ブックセンター

内 容
「子どもたちを救う不思議な老人モーリの物語」
「死ぬ勇気があるなら、いじめに立ち向かうんだ」何気なく言った言葉が子どもを傷つけている。「生きていてくれたらそれでいい」という言葉が子どもを救う。いじめられた子どもの苦しみを大人は知っているのだろうか。学校が子どもたちにとって楽しい場所ではなくなってきている。子どもたちの反乱と拒絶。
「メメントモーリ 人は死ぬべき身であることを忘れるな」大事なことは、どれだけ充実して生きているかということ。時と場所を超えて、メメントモーリが残してくれた大切なこと。君は君の人生を歩んでいますか?あなたは子どもの人生にむりやり介入しようとしてはいませんか?子どもの存在を大切にしていますか?

『もがれた翼』動画配信中!
『もがれた翼』についてはこちら
子どもの人権と少年法に関する特別委員会メニュー