東京弁護士会
中小企業法律支援センター

中小企業法律支援センター

 

農林水産省主催「農林水産・食品分野における研究成果の知的財産マネジメントと人材育成フォーラム」に出展しました(2018年3月9日)

2018年3月9日(金)に開催された「農林水産・食品分野における研究成果の知的財産マネジメントと人材育成フォーラム」における「展示・交流セッション」に、支援機関として出展いたしました。
このイベントは農林水産省主催によるもので、つくば国際会議場(茨城県つくば市)において開催されました。

午前中は、「農林水産・食品分野における研究成果の知的財産マネジメントと人材育成フォーラム」と題して、モデレーターやパネリストの方々によりリーダーシップについて大変興味深い討論が繰り広げられていました。モデレーターの一人には、「下町ロケット」(池井戸潤)における神谷弁護士のモデルとなった鮫島正洋弁護士もいらっしゃいました。

午後1時から始まった「展示・交流セッション」では、農林水産や食の分野に限らず、幅広い分野から企業、金融機関、学校や大学、研究機関などが出展し、それぞれの研究成果を発表したり、出展者が相互に情報交換をして交流を図ったりすることができました。

当センターの出展デスクではパンフレットなどを展示し、ご来場者や他の出展者の方々と交流を図りながら、当センターの活動についてご説明させていただきました。ご興味を持ってくださる方々の中には、具体的に法律相談を必要とされている方もいらっしゃり、当センターの電話番号をお伝えするという場面もありました。

法律は農林水産業や食などの分野にも関わっています。
これらの分野における中小企業の皆様にも当センターのサービスを積極的にご活用いただき、日頃の業務にお役立ていただけるよう、これからもより一層尽力して参ります。

              IMG_6500.jpg

日時

2018年3月9日(金)午後1時から午後4時30分(展示・交流セッション)

会場

つくば国際会議場(茨城県つくば市竹園2-20-3)

中小企業法律支援センターメニュー