東京弁護士会
中小企業法律支援センター

中小企業法律支援センター

 

東京税理士会麹町支部と東京弁護士会との交流会を開催しました(2020年8月6日)

2020年8月6日に、税理士19名、弁護士18名が参加し、「事業承継」をテーマにした交流会が開催されました。なお、交流会は、新型コロナウィルスの影響により延期になっていたものですが、今回、初めてZoomミーティングを用いてオンラインで開催するに至りました。
第1部では、堂野達之弁護士(東京弁護士会)が、「経営者保証ガイドラインと事業承継」と題して、経営者保証ガイドラインをもとに事業承継における経営者保証に対する対応策に関し、解説をしていただきました。続いて、税理士の浅見哲先生が、「税理士事務所の事業承継と顧問先の事業承継」と題して、実際のご経験に基づく事例を紹介しつつ、税理士事務所及び顧問先の立場に基づく事業承継の考え方に関し、ご講演いただきました。
第2部では、ワークショップとして税理士・弁護士の混合のグループに分かれて、事業承継に関する意見交換会が行われました。税理士と弁護士の異なる視点からの意見交換がなされ、事業承継に関する実務的考え方や工夫など、より深い内容の議論が交わされ、事業承継についての理解をさらに深めるものとなりました。
税理士と弁護士が連携を図ることによって中小企業支援に資することから、今後も、税理士と弁護士の連携を深めるべく、同様の企画を継続して実施することを計画しています。

日時

2020年8月6日(木)18時00分から20時00分

テーマ

事業承継

講師

堂野 達之 氏(東京弁護士会中小企業法律支援センター本部長代行)
浅見 哲 氏(東京税理士会麹町支部 元支部長)

中小企業法律支援センターメニュー