東京弁護士会
裁判員制度センター

裁判員制度センター

 
詳細な実施内容・お申し込み方法などはこちらをご覧ください。

模擬評議の実施レポート<平成31年1月23日 東京都立大江戸高等学校 >

当センターは、下記の要領で、裁判員裁判の模擬評議プログラムを実施して参りました。

【日時(講義時間)・場所】
・平成31年1月23日(水)13:30~16:00(150分)
・東京都立大江戸高等学校

【派遣講師人数】
・4名

【対象・実施方式】
・高校3年生 136名。
・5クラス合同で、視聴覚室で実施。
・5、6名を1グループとしてグループを編成し、刑事模擬裁判に関する裁判劇DVDを鑑賞し、各グループでの模擬評議を経た上で、全体での討論を実施。

【実施概要】
・都立大江戸高等学校の授業に、本プログラムをご活用いただきました。生徒さんはみな明るく元気で、模擬評議中、とても熱心に議論をしていました。

・グループ毎に、「被告人は犯人か否か」について話し合っていただき、発表を行っていただきました。被告人に犯行動機はあるか、被告人は犯行を行うことが可能だったか等の事情を踏まえた上で、各グループで、色々な考え方を示すことができていたと思います。グループ評議の際に、担当弁護士が各グループを回りながら、評議をお手伝いさせて頂きましたが、証拠を真剣に評価している生徒さんたちの姿は、本物の裁判員さながらでした。

・授業の後に10分程度、質疑応答の時間を設けました。生徒さんたちからは、刑事弁護人の仕事内容に関する質問等を複数いただき、限られた時間ではありましたが、複数の弁護士から、生徒さんたちの疑問点にお答えをしました。

【備考】
当センターの派遣講義では、可能な限り、ご希望に沿ったプログラムをご用意させていただいておりますので、講師派遣をご希望の際は、お気軽にご相談ください。

詳細な実施内容・お申し込み方法などはこちらをご覧ください。
裁判員制度センターメニュー